Business Introduction
事業紹介

環境資源事業

わたしたちは、日本のHonda自動車販売店等(以下「自動車販売店」)から排出される資源のリサイクルビジネスモデルの構築や自動車販売店への廃棄物に関するコンサルティングサービスの提供およびHondaのカタログやカレンダーに使用される用紙の供給を行っております。

人間の体と同じように、産業においても動脈と静脈の2つがあって成り立ちます。Hondaのモノづくりを動脈とすれば、使い終わったモノを回収し、再度有効活用することが静脈となり、ホンダトレーディンググループでは、Hondaのモノづくりを支える事業だけでなく、作られたモノを限りなく循環できるような仕組みをつくる事業を通して、循環型社会の形成に寄与しています。
また、環境資源事業では、事業活動を通じてSDGs*にも取り組んでいます。

※SDGsとは17目標169のターゲットから構成された「地球上の誰一人として取り残さない」ことを理念とした国際目標です。

主なサービス・取り扱い商材

  • 自動車バッテリー 資源リサイクル 日本の自動車販売店からの排出物(使用済み鉛バッテリー、廃バンパーなど)および、使用済み自動車から取り出された資源(触媒、レアメタルなど)のリサイクルを通して、循環型社会の形成に寄与しています。
  • 廃棄物コンサルティング 日本の自動車販売店の廃棄物処理に関するコンプライアンス強化と業務負荷低減をトータルサポートし、廃棄物処理に関するリスクマネジメントに貢献しています。
  • Honda製品パンフレット 物資 日本のHondaで使用するカタログ用の印刷用紙や梱包材の段ボールなどを供給しています。また、使用済み自動車から取り出したエアバッグを活用したトートバッグやエコバッグの企画など、再生利用の取り組みを積極的に行っています。

日本全国に広がる取引ネットワーク

資源リサイクル事業や廃棄物コンサルティング事業を通じて、日本の自動車販売店約1,200拠点へソリューションビジネスを展開しています。
近年では、Hondaグループのネットワークを生かした新しいビジネスの提案も行っています。

資源リサイクル事業

日本では、自動車販売店からの排出物(使用済み鉛バッテリー、廃バンパーなど)および、使用済み自動車から取り出された資源(レアメタル、触媒など)のリサイクルを通して、循環型社会の形成に寄与しています。

リサイクルフロー
使用済み自動車の資源リサイクル
拡大
  • 資源循環スキームの構築
    お客さまで発生した資源が再び社会に戻るような循環スキームを構築
  • 最適な物流設計
    Hondaグループ内外の物流業者とのネットワークを通じて、最適な組合せを設計
  • リサイクル関連業者との中長期的な関係構築
    資源循環で要となるリサイクル関連業者(精錬業者、再生会社)と中長期的な関係構築

リサイクル事例

自動車販売店で発生する使用済み鉛バッテリーのリサイクルフローの構築

貴重な資源(鉛)の日本国内での循環を目指し、自動車販売店で発生する使用済み鉛バッテリーのリサイクルフローを構築し、その運用を行っています。

鉛バッテリーリサイクルフロー

拡大

日本では、自動車販売店の廃棄物処理に関するコンプライアンス強化と業務負荷低減等の領域で一元管理を行い、廃棄物処理活動をトータルサポートしています。

自動車販売店への提供サービス

販売店から排出されるさまざまな廃棄物の適正な処理・管理をするためのコンサルティングを行っています

拡大

物資事業

【紙関連事業】
日本のHondaで必要とされる物資の供給を行っており、主にカタログ用の印刷用紙や部品を梱包する段ボールなどを取り扱っています。
また、使用済みの段ボールやカタログなどの再資源化にも取り組んでいます。

紙関連のサービス

【その他の事業】
物資事業では環境に配慮し、エアバッグ再生プロジェクト「yoccatta TOKYO」と協業したトートバッグを企画するなど、再生利用の取り組みを積極的に行っています。

Hondaエアバッグトートバッグ

Hondaエアバッグトートバッグ
株式会社ホンダコムテックにて販売